相談内容

父68歳が肺の小細胞がんです。

 

片側の肺に止まり転移なし(ただ膵臓が少し腫れているので、転移か調査中とのこと)

 

がんの大きさがコブシくらいの大きさで、太い血管をがんが覆っているので、血管が損傷していたら、抗ガン剤でがんが小さくなった時に損傷部から出血して、命に関わる最悪の事態もあり得るとのこと。

 

今週火曜に1回目の抗ガン剤、イリノテカンとシスプラチン。

 

来週火曜にイリノテカン、再来週火曜にイリノテカンを投与予定です。

 

約1ヶ月クールを4?6サイクルする予定です。

 

副作用は、軽い吐き気と食欲不振はありましたが、食事はできています。

 

血糖値が上がり200?284で、インスリンを打っています。元々糖尿病の疑いは、町医者では言われ、糖尿病の薬を飲んでいました。

 

そのせいか、副作用か、膵臓の腫れのせいかはわかりません。

 

今後について、私としては、副作用や癌自体がいつどうなるかわかりませんし、日中ほとんど父が1人なので、緊急時に対応できる者がいませんので、できるだけ入院を基本にしてほしいです。

 

病院にお願いすれば、入院でお願いできるものなのでしょうか?

 

私の叔母は、大腸がんで、抗ガン剤投与中の前半を入院、後半を退院して在宅を繰り返しているようです。

 

せめて、同様に投与中だけでも、入院させてほしいのですが。

回答

がん完治カウンセラーの木村です。

 

 

なぜ抗ガン剤治療を基本とした考えなのでしょうか?

 

 

あなたはお父さんの為に抗ガン剤治療がどういうものか納得いくまで調べましたか?

 

 

私はステージ4の肺がん末期で余命1ヶ月と言われましたが10年たった今も再発なく生きています。

 

 

抗ガン剤治療は拒否し、食事療法で完治させました。

私が免疫力を高める為に取り組んだ食事療法はコチラをクリック

 

 

今の立場の私から言えるのは、本当に後悔しないように抗ガン剤治療に対して情報を集めてほしいということです。

 

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。

関連ページ

再発して再び抗がん剤治療を受ける為に体力をつけさせる方法は?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
抗ガン剤治療中の酷い咳は肺炎や気管支炎では無い?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
耳下腺癌に効果がある抗ガン剤は?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。