相談内容

抗がん剤治療の効果について教えて下さい。

 

40才で乳がんと診断され、昨年末に温存手術を受けました。

 

病理結果がでて、リンパ転移が無くステージ1と言われ安心したものの、トリプルネガティブタイプというたちの悪い癌だったようで、治療方法が抗がん剤治療しかないという説明でした。

 

主治医からは少ない説明で、点滴か飲み薬での治療のどちらかを選択して一週間後来る様に言われていますが、知識と情報が少なく素人には判断が難しいです。

 

先生が提示している、@FEC療法 Aドセタキセル療法の点滴治療は副作用も多く辛い治療になりそうです。

 

飲み薬だと、たぶんTS-1 UFTとなりそうで、点滴ほどでは強い副作用ではなさそうなので、こちらを私としては選択したいのですが、効果としては点滴よりかなり劣るものなのでしょうか?

 

また点滴での抗がん剤と飲み薬で治療した場合の再発率を大体の%で教えて頂けると嬉しいです。

 

主治医に相談するのが一番良いのはわかっているのですが、先生がかなり多忙なようでなかなかつっこんだ話が出来ません。

 

参考までにアドバイスをお願い致します。

 

下記、病理結果です

 

病気 T期(t1 n0 m0)
T(腫瘍)因子:18mm ly(−) v(−)
GradeV MIB−1inde90%
Triple nagative type
リンパ節転移なし
ホルモンレセプター: ER(−) Pgr(−)
HER2タンパク:−

回答

がん完治カウンセラーの木村です。

 

 

副作用うんぬん言ってる前に、免疫力を破壊されて抗ガン剤に殺されますよ。

 

 

抗がん剤治療では絶対に治らないことをしっかりと調べて理解してください。

 

 

医者の言う事を鵜呑みにすると本当に後悔しますよ。

 

 

ちなみに私はステージ4の肺がんで末期であると診断され、余命1カ月と言われました。

 

 

手術や抗ガン剤での治療は一切せずに、自己免疫力を高める食事療法を実践し完治しました。

 

 

10年たった今も再発なく生きています。

私がやった食事療法はコチラをクリック

 

 

以上、参考にしてください。

関連ページ

センチネルリンパ節に何mmの転移があれば腋窩リンパ節郭清する?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
炎症性乳癌でホルモン療法の薬で骨粗鬆症にならない為にどうすればいい?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
Kiが少ないトリプルネガティヴ乳ガンは抗ガン剤が効きにくい?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
浸潤性乳管がんで抗ガン剤受けるべきか?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
トリプルネガティヴ乳ガンは5年再発、転移しないで治る?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
北斗晶さんとほぼ同じ症状の乳がんに抗がん剤治療はちゃんと効果ある?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。
乳がんのステージ2Bの再発でも高齢だと抗がん剤は使わない?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。