相談内容

1/18に卵巣がんの手術を受けました。

 

結果は1C(b)でした。

 

病理診断は右卵巣類内膜癌pStage 1c(b)とあります。

 

術後の抗がん剤治療を勧められていますが、体力が無いので怖くて仕方がありません。

 

昨年12/14に個人医にて婦人科検診を受けたところ、卵巣が腫れているからこのまま日赤に行きなさいと言われその足で受診しました。

 

日赤では急きょその日内の手術となり、両方の卵巣と卵管をとりました。術後の結果で右卵巣から癌が見つかりました。
1/18子宮や大網を取り除く手術をいたしました。

 

2回目の手術が終われば悪い事は終わるからと、自分自身で気持ちを高めて2回目の手術に臨んだので抗がん剤と言われた時のショックは大きすぎました。

 

ネットで色々見ていると卵巣がんは再発しやすい癌ともあり、不安が募るばかりです。

 

自由診療になりますが、免疫細胞療法を行っている医院もありますが、こういった療法で治ることはあるのでしょうか?

 

51歳で乳がん(温存で抗がん剤治療無)になり、今回は67歳で卵巣がんとなり、気分が滅入り精神安定剤を毎日飲んでいる状態です。

 

些細な事でも教えていただけたらと思います。

 

よろしくお願い致します。

回答

がん完治カウンセラーの木村です。

 

 

体力が無い中で抗がん剤治療をして、さらに免疫力を下げて・・・どうなるかしっかり調べる必要があります。

 

 

その点は誰かに聞くのではなく(肯定派、否定派に分かれるので)、ご自身で情報を集めてください。

 

 

医者の言うままに抗がん剤治療をして殺された人を私は何人も見てきました。

 

 

ちなみに私はステージ4の肺がんで末期であると診断され、余命1カ月と言われました。

 

 

手術や抗ガン剤での治療は一切せずに、自己免疫力を高める食事療法を実践し完治しました。

 

 

10年たった今も再発なく生きています。

私がやった食事療法はコチラをクリック

 

 

以上、参考にしてください。

関連ページ

卵巣癌の術後の抗がん剤に意味がある?
がん完治カウンセラーの木村太郎が回答します。