相談内容

父が胃がんと診断されました。

 

極度の貧血で緊急入院となり、輸血をしてもあまり症状の改善が見られず、便に血が混じっていたとのことで、胃カメラを行い判明しました。

 

今は組織片を採取して検査をしているのですが、その結果はまだですが、胃がんで間違いないとのことです。

 

幽門部にできているらしく、まだ深さなど検査を受けている最中で絶食をしています。

 

今日で絶食3日目ですが、もう空腹を感じなくなったそうです。

 

昨日はみかんが食べたいな、と言っていましたが・・・

 

もうこのままがんの処置をするまでは食事はとれないそうです。

 

今は点滴ですが、それだけでは必要な栄養を摂れないので、身体に管を入れ、そこから入れるそうです。

 

今年の7月下旬にPET検査を受けているのですが、その時は胃がんについては何も言われませんでした。

 

私は気が動転しており、ここに書いている内容も分かりづらいかもしれないですが、いくつか伺いたいので、ご意見いただければと思います。

 

1、PET検査は頭からつま先まで隅々までみる検査だと認識していましたが、胃がんはわからないのでしょうか?

 

2、仮にPET検査を受けた時点ではなかった場合、半年弱で見た目にもわかるがんにまでなることはあるのでしょうか?

 

3、胃カメラを行った時に『S』と医師が言ったと聞いたのですが、これは何か意味がありますか?胃カメラで胃がんの深さなどわかるのでしょうか?

 

4、胃カメラで胃がんだとわかるという事は、相当悪いのでしょうか?

 

まだ他の検査の最中で、きちんとした情報がないので、とにかく不安でたまりません。

 

よろしくお願いします。

回答

がん完治カウンセラーの木村です。

 

 

まずご質問にありましたPET検査についてですが、胃や食道などの消化器官粘膜に発生するごく早期のがんは発見・判定が困難であるといわれています。

 

 

PETに加え、他の検査(CT、MRI、超音波、生化学、内視鏡など)を併用することで、お互いの長所と弱点がカバーされ、より精度の高い診断結果を得ることができるようです。

 

 

次に医師の発した発言に関しては推測でしか話せないので、ご自身で医師に確認してください。

 

 

また胃カメラだと初期の胃がんから発見できます。

 

 

最後に、私は10年前にステージ4の肺がんで末期と診断され完治しました。

 

 

しかも今まで再発もないです。

 

 

多くの方はガンになると悪い方、悪い方に考えてしまいがちです。

 

 

私のように完治できる病気なんだと前向きに考えていってほしいなと思います。

 

 

ちなみに私が選択したのは自己免疫力を高める食事療法です。

私がやった食事療法はコチラをクリック

 

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。